パナソニックのファイバーミキサーシリーズの比較

パナソニック商品の比較 - - greensmoothe
グリーンスムージーミキサーの人気商品である、パナソニックのファイバーミキサーのシリーズを比較紹介します。

■現在発売中の全機種

2017年現在、発売中のモデルは以下の3種類です。新機能のアレンジホールが加わりシリーズが一新されました。

 Panasonic ファイバーミキサー MX-X301
◆Panasonic ファイバーミキサー MX-X501
 Panasonic ファイバーミキサー MX-X701


■改良点(スムージーバーの登載)

2013年のバージョンアップにより、グリーンスムージーを作るためにさらに便利に改良され、その大きな特徴が「スムージーバー」が搭載されたことです。この「スムージーバー」を使うことで、「加水量を抑えた「野菜たっぷりスムージー」ができる」わけです。商品の画像を見ていただくと分かるかと思いますが、ボトルのフタの上から、ミキサーを回したまま(動かしながら)中をかき混ぜることができるような棒が付属しています。これが、「スムージーバー」です。

スムージーバー

あのバイタミックスでも、こういう棒がついていますね。バイタミックスでは、このかくはん棒のことを「タンパー」と呼びます。バイタミックスでは、ボトル容量が、2リットルの大容量ですので、こういった、中をかき混ぜることができるかくはん棒というのは必須のものであったため、早くから採用されていたのだと思います。

一般的に、グリーンスムージー作りでは、水分量が少ないと材料が回転しずらく、葉物野菜などは特に空回りし易く、うまくミキシングできなかったり時間がかかったりすることがあるのですが、この棒があることで、水分量を抑えて濃厚な「ビタミンなど一杯当たりの栄養価が高い「野菜たっぷりスムージー」が作れます。」とのことです。冬などの寒い朝、水分を取りすぎるとお腹を下しやすい方もいらっしゃると思いますが、そういった方にも、余計な水分を極力抑えたスムージーが作れるならば、うれしい機能ではないでしょうか。「食べるタイプのグリーンスムージー」が冬にはおすすめです。

■改良点(アレンジホール)

さらに2017年発売中の新モデルでは、シリーズ全機種でこのアレンジホールが登載されています。ミキサーのフタに材料投入口が作られ、後からでもフタを外すことなく材料を追加して撹拌できます。これによって、材料を追加したい時や食感を残したい素材を後から加えたい時でもフタを外すことなく液垂れの心配なく追加できるようになるなどの利点があります。グリーンスムージー用のミキサーとしてはさらに便利になっていますね。

アレンジホールのフタはチェイサーカップになっていて、計量にも使用することが可能です。

■低速モード

そして、パナソニックのファイバーミキサーシリーズのもう一つの特徴、「高速・低速モード」があります。

メーカーサイトの商品説明によると、「高速・低速モード 」の低速モードでは、「低速回転することにより発熱が抑えられ、冷たさや気泡が保たれるため、ふんわりした食感や温度をそのままキープできます。」とのことです。

高速・低速モードの他にフラッシュ機能も3機種全てに搭載されています。

■その他の特徴

その他の特徴として挙げられるのは、安全設計も特筆すべき点です。カチッとしっかりとフタがしまっていないとスイッチが入らない仕組みになっています。この点は、お子さんが一人でミキサーを使ってお手伝いする場面などを想定して場合、非常に安心です。間違って怪我をするということがおきません。

他にはブラックハードチタンコーティングの刃は、ステンレス素材にコーディングを行っており、パナソニック独自のものです。刃先はのこぎり状の大型刃で切れ味が鋭いですし、氷も粉砕してカキ氷を作ることができます。


続きを読む >>
スポンサードリンク

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM