人気のグリーンスムージーミキサー比較

ブログ内で紹介したミキサー一覧 - - greensmoothe
このブログで紹介してきた、グリーンスムージーミキサー人気商品を機能や仕様についての比較がしやすいように、一覧にしています。

このブログで紹介してきた人気のグリーンスムージーミキサーの主なものは、次の8つの製品です。売れ筋のグリーンスムージーミキサーです。ページ最後に、私のおすすめ機種を3つ紹介しています。

それぞれ、パワー、ボトルの容量、大きさ(幅×奥行×高さ)、重さ、安全装置の有無、かくはん棒の有無、クラッシュアイスなどが作れるか、その他の点、などについて、まとめています。価格については、商品画像にリアルタイムで現在のアマゾンでの販売価格が表示されていると思います。



  1. パワー245w
  2. ボトル容量 700ml
  3. 35.1×20.3×21.4cm
  4. 重さ 2.7kg
  5. 安全設計あり
  6. 「スムージーバー」(かくはん棒)あり
  7. 「かき氷」
  8. アイスデザート(シェイク、フローズンドリンク、スムージー) スープ フラッシュボタン

最もおすすめのグリーンスムージーミキサーです。」




  1. パワー225w
  2. ボトル容量 750ml
  3. 幅21×奥行15.5×高さ36cm
  4. 重さ 2.9kg
  5. 安全ダブルロック構造
  6. かくはん棒なし
  7. 「カキ氷」
  8. コードホルダー。クリーニングボタン。フラッシュボタン。へらつきブラシ。

「信頼の国内メーカーです。コードホルダーが便利。」




  1. パワー180W
  2. ボトル容量 1000ml
  3. 高さ366×幅150×奥行183mm
  4. 重さ 2.4kg
  5. 誤作動を防ぐ安全設計
  6. かくはん棒なし
  7. 「冷蔵庫の角氷をそのまま砕いてクラッシュアイスにできます。」
  8. フラッシュスイッチ。センターキャップでフタを取らずに材料追加。

「低価格帯では、最も人気のある商品と言えます。」




  1. パワー450W
  2. ボトル容量 1000ml
  3. 幅19.0×奥行16.0×高さ37.0cm
  4. 重さ 4.2kg
  5. ---
  6. かくはん棒なし
  7. 「氷と凍らせた果物、ジュースを一緒に入れればスムージもあっという間に」
  8. ジュース作りだけでなく、スープやパスタソース、ドレッシング作りなど料理にも。パルス機能付き(スイッチをひねっている間だけ回転する)。ロータリースイッチを採用。2段階のスピード調節が可能。

ハイパワーのミキサーを求める人には、最もおすすめです。」



  1. パワー900w
  2. ボトル容量 2000ml
  3. 幅19×奥行22×高さ51cm
  4. 重さ 4kg
  5. ---
  6. 氷はもちろん、アボガドの種、パイナップルの芯も瞬時に粉砕
  7. タンパー(攪拌スティック)あり。
  8. 定格時間8分。コンテナはガラス製ではなく、軽量なコポリエステル。「裏ごししたようになめらかで栄養たっぷりのジュースやスープを作ったり、手作りアイスも。茹でた大豆と水で自家製豆乳、硬い生米・麦を砕いて米粉や小麦粉も手作りできます。また摩擦熱で温かいスープも作れます。」日本語版説明DVD、日本語版クックブック。

「グリーンスムージーミキサーの最高峰です。満足感は間違いなくダントツ1位です。業務用ミキサーとしても使われます。」




  1. パワー125W
  2. ボトル容量 350ml
  3. W10×D10×H29cm
  4. 重さ 750g
  5. ボトルをはめてスイッチを押している間だけ、カッターが回転する安心設計
  6. ---
  7. かくはん棒なし。
  8. レシピブック付き。タンブラー感覚でそのまま飲めるコンパクトブレンダー。

かわいい&低価格のミキサーとしてトップクラス。ポップな4色展開で、売れ筋ミキサーです。」




  1. パワー300W
  2. ボトル容量 -
  3. 135×135×330mm
  4. 重さ 1200g
  5. 本体と容器が正しくセットされないと作動しない安全構造
  6. 「氷もラクラク粉砕できるハイパワー」
  7. かくはん棒なし。
  8. 容器はプラスチック製。ドライミル&チョッパー。高速・低速の2段階スピード切替

カラー&デザインセンスは唯一無二です。」




  1. パワー295W
  2. ボトル容量 800cc
  3. 13.5×15×37.5cm
  4. 重さ 1600g
  5. ボトルをセットしないとスイッチが入らない安全システム
  6. 「アイスクラッシュもらくらくこなせる」
  7. かくはん棒なし。
  8. 今話題のトライタンを使用したボトル。(トライタンとは、割れないシャンパングラスなどに使われる合成樹脂素材)。スイッチはLEDインジケーターライト付き。Pulseスイッチ。Hi or Lowスイッチ。

随所にデザインのこだわりが見られす。」


各項目、比較する上で、まず、パワー
これはグリーンスムージーミキサー選びで、もっとも注意するべき点です。

次にボトル容量は、
家族分のグリーンスムージーを一度に作る予定なのか、
一人暮らしで一人分の量を一度に飲みきる量だけ作る予定なのか、
などで、350mlぐらいから2リットルまで様々な選択になります。

大きさは、
キッチンの広さだとか、
キッチンに出しっぱなしにするのか、普段はしまっておくのか、
キッチンのスペースに関係してきます。

重さについては、
小さなグリーンスムージーミキサーで、
作ったものをそのまま、
ボトルに直接口をつけて飲む、
という使い方をする場合には軽いほうがいいですね。
軽いものは、洗うときなど、扱うのが楽です。
特筆すべきは、
バイタミックスは、ボトルは2リットルの大容量のわりに軽いです。
材質が特殊です。

安全装置については、
小さなお子さんがいる家庭では、
子供が興味をもっていたずらしたときに、
まちがって動いたりしないように
あると安心な機能です。

かくはん棒については、
葉物野菜を使うグリーンスムージー作りでは、
かくはん棒があると、
まぜムラを防ぎやすいです。
加水を抑えたグリーンスムージー作りや、
ミキシング時間の短縮など、
メリットは大きいです。

クラッシュアイスなどが作れるか、については、
製品情報ページに、その旨の正式な記載があるものについてのみです。


価格は、アマゾンの方が安い場合もあれば、
楽天の方が安い場合もありますね。
まったく同じものもあります。


■私のおすすめを最後に。

最もおすすめするのは、
価格、基本性能、そして、国内メーカーの丁寧さ・安心感、
スムージー作りを推している作りとなっている点など、
諸々を考慮して、
パナソニックのファイバーミキサーです。

もう少し安いものをという方には、
安い割りに価格・デザイン・性能のバランスがいい、
テスコムのTM8100

少し高めでもグリーンスムージーのクオリティにこだわりたい方には、
ビタントニオのブレンダー(ミキサー)をおすすめします。

ですが、

本当に最もおすすめしたいのは
ほんとうのところは、バイタミックスです。
バイタミックスは、買わなければよかったという人は、
見たことがありません。
バイタミックスでなくてもよかった、という人も。

ただ、価格がネックなのです。


バイタミックスを最もお得に買う方法
バイタミックスの平行輸入品なら安い?




  1. パナソニック ファイバーミキサーシリーズ mx-x39
  2. 象印ミキサー BM-RE08-HA
  3. テスコム メタルライン ジュースミキサー TM8100
  4. ビタントニオ ブレンダー シルバー VBL-2
  5. バイタミックス TNC 5200
  6. レコルト ソロ・ブレンダー RSB-1 (OR)
  7. ティファール ミキサー ミニマルチ ルビーレッド
  8. クイジナート コンパクトブレンダー CPB-300JBSW

スポンサードリンク

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM