グリーンスムージーミキサーを生かす材料

グリーンスムージーをミキサーで作るための材料 - - greensmoothe
グリーンスムージーミキサーを買ったら、おいしいグリーンスムージーを楽しみたいですね。材料にこだわったら、楽しみも広がります。厳選した材料や水を、グリーンスムージーミキサーにつめこんで、こだわりのグリーンスムージーを作ってみるのはいかがでしょう。友達などが集まった時などには、こだわりの材料でグリーンスムージーを作ってあげたら喜ばれると思います。素材のよさで、グリーンスムージーがワンランクアップします。


グリーンスムージーミキサーを生かす、こだわりの水


■おいしい水。

ぜひ水にはこだわりたいところです。ミネラルウォーターの他、酵素水なども最近では人気があります。芸能人のソニンさんなどは、ツイッターで紹介していたグリーンスムージーに、炭酸水と酵素水をあわせて使っていました。国産の軟水、南アルプスの天然水などはネットでかなり安く売られていておすすめです。



ネットでミネラルウォーターを買うメリットは値段の他にも、重いものを自分で持ち帰らなくても済む点にもあります。自宅まで宅配してもらえるのは重い水などは大きなメリットになるかと思います。


■炭酸水を作ることもできる。

炭酸水は「ソーダマシン」を使って自分で作ることもできます。ソーダマシンの人気のあるものには、次の機種があります。



「ソーダスパークル」

たったの35秒で炭酸水が完成するホームソーダマシーン。

楽天で最安値を見る。
ソーダスパークル公式サイト

硬水を使ったミネラルスムージー

ミネラルスムージーとは、グリーンスムージーに使う水をミネラルが豊富に含まれている硬水にしてグリーンスムージーを作ったものをそう呼ぶそうです。日本の水は軟水が多いですが、コントレックスなど海外のミネラルウォーターなどは硬水が多いです。コントレックスの硬度は1551であり、非常に硬度が高いです。



コントレックスの1.5リットルが12本でこの値段は安いと思います。


グリーンスムージーミキサーを生かす、こだわりの素材



■ハワイで有名な「アサイーボウル」はスムージー。アサイーとは?

アサイーボウル」と言えば、ハワイでよく売られているものスムージーの一種で、材料にアサイーを使います。アサイーやバナナやリンゴジュースなどをミキサーでスムージーにして、ボウルに移してトッピングにシリアルやフルーツグラノーラや、カットしたイチゴやブルーベリーなどをのせたものです。

アサイーが注目される理由は、アサイーの栄養成分にあります。「スーパーフード」「ミラクルフルーツ」などと呼ばれ、ポリフェノールなどがすば抜けて豊富に含まれているのです。

  • ポリフェノールが赤ワインの10〜30倍
  • アントシアニンの含有量はブルーベリーの約4.6倍
  • 鉄分はレバーの3倍
  • プルーン150個分
  • 食物繊維はゴボウの3倍

その他とても多くの栄養素を含みます。ポリフェノールは赤ワインに多く含まれていて、抗酸化作用や活性酸素の抑制効果などから若さを保つために赤ワインを飲みましょうなどと言われたりします。そんなポリフェノールが赤ワインの何十倍も含まれているのがアサイーとのことです。余談ですが、流行りの「コエンザイムQ10」は効果の高い抗酸化物質と言われれています。

アサイーのピュレはサンバゾンというブランドが有名で、ブラジルに最大規模の生産工場をもっておりアメリカでアサイーを広めた第一人者ということです。無糖タイプと加糖タイプがあり、冷凍販売されています。無糖タイプと加糖タイプでは、値段は変わらないようです。加糖タイプは、味付け不要でブラジルリオのビーチで食べる本場のアサイーの味が楽しめるそうです。スムージーの材料にするには、どちらでもいいと思います。加糖はきび砂糖とガラナシロップで行っているそうです。





■スプラウト。

より安全な野菜としては、無農薬が理想ですが現実的ではないので、低農薬野菜あたりが理想ですね。そして、栄養価の高い野菜としては、発芽野菜(スプラウト)が今注目されています。

発芽野菜、「スプラウト」とは、食用にする新芽の総称ですが、天然のサプリメントとも呼ばれます。それほどに栄養価が高いと言われます。マドンナが実践していることで有名なマクロビオティックでも、スプラウトは推奨されています。スプラウトに使われる野菜は、かいわれ大根、アルファアルファなどが有名ですが、空心菜、ラディッシ、ブロッコリー、おくら、なども置いてあるスーパーもあります。アブラナ科のブロッコリーの新芽はガン予防の分野で特に注目されています。




■入手しづらい果物は冷凍物が便利。

グリーンスムージーには新鮮で食べごろの果物が一番です。バナナやパイナップル・オレンジ・グレープフルーツなどは年中手に入りますが、日本で採れる季節の果物は、旬の季節に生のものをグリーンスムージーにしたいですね。旬のものでないのでしたら、シロップ漬けよりも、冷凍したものがいいですね。ビタミンは加熱には弱いですが、冷凍では減らないとされています。




グリーンスムージーミキサーを生かす、こだわりの素材の販売店


■スプラウトの通販:スプラウト販売一覧(楽天)
おためしセットなどが送料無料で1500円くらいでけっこうあるようです。「おためしスプラウト野菜11品セット(送料無料)」というのが、口コミが660件超で、非常に人気があります。「発芽野菜のサラダコスモ 」というショップで販売しています。


■野菜の通販:オイシックス
オイシックスは、独自の取り組みで安心安全を徹底している野菜や果物の販売をしているショップです。珍しい食材も取り扱っているようです。例えば、晩春から初夏の季節でしたら紫アスパラガス、行者ニンニク、こごみ、ハンダマ、国産にんにく、蝦夷マイタケ、ピーチかぶ、などです。果物でも河内晩柑、ピクシータンジェリン、ピーチパイン、などもありました。他にも、有機栽培ほうれん草、みつトマト、栗じゃがいもなどもありました。おためしセットが安くておすすめです。




グリーンスムージーミキサーを生かす、カフェ風な楽しみ方



■カフェ風のスムージーを楽しむ

健康目的のスムージーとしてグリーンスムージーは飲まれますが、カフェのスムージーでは、チョコを使ったり、トッピングに白玉やタピオカナタデココを使ったりと、デザートとしてのスムージーが人気があります。きなこや黒蜜を使うスムージーなどもあります。

カフェ風の見た目も楽しいスムージーのレシピ集です。健康志向のレシピ集が多いなか、ちょっと珍しいレシピ集です。素材も白玉をつかったり、ショコラスムージーがあったりします。全てのレシピにカロリー表示。食材の冷凍の仕方のレクチャーも重宝。



■カフェ風スムージーにタピオカ

カフェ風のスムージーの材料として使われるタピオカですが、タピオカは食感が楽しく、もちもちした食感と丸いコロコロした形はストローで吸い込むのも楽しいので、カフェ風のおもてなしスムージーとしては楽しい素材です。コンビニで売られているコーヒー飲料などでもタピオカを使ったものをよく見かけます。


スポンサードリンク

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM