バイタミックス

バイタミックス - - greensmoothe
バイタミックスという名前を聞いたことがあるでしょうか。

バイタミックスのミキサーと言えば、グリーンスムージーミキサーとして最高峰のものです。業務用などにも使われ、優花さんや小倉優子さんなど芸能人の間でも使用者が多いことで有名です。グリーンスムージーミキサーとしてバイタミックスを選べば、まず間違いないといわれるほど、圧倒的なパワーをもち、素晴らしく滑らかなグリーンスムージーを作ることができます。グリーンスムージーミキサーの決定版ともいえるでしょう。そんなバイタミックスのミキサー、

  • 様々な性能の特徴
  • その問題点
  • バイタミックスの最安値
  • 最もお得な販売店舗の比較

などの解説をしていきます。

また、並行輸入品で安く手に入れる方法や騒音を削減した米国販売のニューモデルの紹介、購入の上での注意点などもまとめています。

さらに、限定キャンペーンで、「ドライコンテナ0.9ℓ」と「タンパースタンド」、「スムージーボトル」などが特典で貰える楽天ショップの紹介も行っています。これは本当に珍しいことで、ここまでの特典がつくというのは通常まずないことです。


バイタミックスの値段と保障期間


米国クリーブランドに本社を置き、90年以上の歴史を持つミキサーの専門メーカーであるバイタミックス社のミキサー、いわゆる「バイタミックスのミキサー」、値段は79800円します。約8万円のミキサーですから、とても高価な製品です。ただ、基本7年保障がつきます。ちょっと想像して頂きたいのですが、普通のミキサーを毎日使って、7年間、壊れないということがあるでしょうか。バイタミックスの「7年間の保障」というのは、壊れにくさ自信の現われでしょうし、万が一故障したとしても、安心です。この値段ですから、長く使いたいですよね。

7年保障があれば、1年あたり1万円ちょっとの計算になります(11400円)。1ヶ月では950円ということになります。1ヶ月あたりの値段で考えると、たくさん使うという人にとっては、そこまで高いという値段ではなくなるとも言えるかもしれません。健康目的でのグリーンスムージー作りに使うという方にとっても。逆にたまにしか使わないという人にとっては、やはりちょっと高いかもしれません。


バイタミックスと他のミキサーとの違い


バイタミックスは、その他のグリーンスムージーミキサーと比べて圧倒的に値段が高いですから、性能ももちろん違ってきます。では、1万円以下で販売されていてとても人気のあるビタントニオのミキサー「VBL-2」とバイタミックスのミキサーを比較してみましょう。

■パワーの違い

1分あたりのミキサーの回転数で比べて見ましょう。

  • ビタントニオ  約22000回転/分
  • バイタミックス 約37000回転/分

1分あたり、1万5千回転違います。1秒あたりでは250回転も多く、バイタミックスは回転することができるのです。では、ワット数で見てみましょう。

  • ビタントニオ  450w
  • バイタミックス 900w

バイタミックスは、ビタントニオの2倍のワット数をもっているのです。このハイパワーで、アボガドの種さえも粉砕してしまいます。

■コンテナ容量の違い

バイタミックスのコンテナの容量(ボトルの容量)は、2リットルです。人気のビタントニオのミキサーのコンテナは、1リットルです。たいていのミキサーは、せいぜい1リットルか、それ以下です。バイタミックスがこれだけ大容量のコンテナなのは、パワーがあればこそ可能なのです。大容量の材料を短時間で調理(ミキシング)するには、それだけのパワーがなければ、時間はかかりますし、ムラもできやすくなります。

■コンテナの素材とその軽さ

バイタミックスのコンテナの素材は、コポリエステルという樹脂素材です。この素材は、軽さと強度を併せ持つ素材です。たいていのミキサーは、安く作れるガラス製ですが、ガラス製は重たいのがデメリットです。バイタミックスの2リットルのコンテナが、もしもガラス製ならば、洗ったり、出来上がったグリーンスムージーをグラスに移したりするのに、重くて扱いずらいでしょう。バイタミックスは安価なガラス製に頼らず、軽さを追求しているわけです。

  • ビタントニオ  約4.2キロ
  • バイタミックス 約4キロ

これは、コンテナ重量を含めた総重量の比較です。人気のビタントニオのミキサーよりも軽いのです。コンテナ容量は、ビタントニオの1リットルに対してバイタミックスは2リットルですから、コンテナ容量は2倍であるにもかかわらずです。

■定格時間が長い

バイタミックスの定格時間は8分です。一般的ミキサーの定格時間は、長くて3分ぐらいです。ビタントニオのミキサーは3分です。8分という時間を連続して使い続けることは、普通のミキサーのモーターでは焼きついてしまいできません。そこまで長い時間、連続使用することがあるのかですが、バイタミックスでグリーンスムージーを作るぐらいならあっという間ですが、摩擦熱で暖かいスープを作るときなどは、この連続使用可能時間が長いことが役立ちます。

■バイタミックスには、かき混ぜ棒がついている。

バイタミックスのミキサーには、タンパーと呼ばれる「かき混ぜ棒」が付属します。これは、ミキサーを回転させたまま、フタの上の穴からこの棒で中をかき混ぜることができます。グリーンスムージーで葉物野菜をギュウギュウにつめすぎてうまく下に落ちないということがあっても、このタンパーでかき混ぜれますし、手作りアイスを作る時にも必要な道具です。アイスは液体と違って、固まって横にへばりつきますから、タンパーでかき混ぜることで、作りやすくなります。


バイタミックスで、鍋に移さず暖かいスープを作る。


バイタミックスでは、グリーンスムージー以外にも、例えば、暖かいスープが作れてしまいます。たいていのミキサーで暖かいスープを作るという場合は、材料をいったんミキサーにかけてから鍋に移して暖めるわけですが、バイタミックスは違います。例えば、コーンスープなら、冷たい生のコーンと牛乳をバイタミックスに入れて、そのまま回し続けると、高速回転による摩擦熱によって、暖かいコーンスープが完成してしまいます。湯気がちゃんと立ちます。鍋にうつさずに、暖かいスープが作れてしまうのです。その滑らかさは、裏ごしのいらないレベルです。


バイタミックスの日本正規販売品


バイタミックスはアメリカでは、たくさんの種類が販売されていますが、日本での正規販売商品は、TNC5200という機種になります。日本でバイタミックス(のミキサー)と言えば、一般的に、このTNC5200のことを指します。


バイタミックスの問題点


バイタミックスで、問題点を挙げるとすれば、特に話題になるのが、音の問題です。その稼動音は、「騒音」と表現されたりします。人によっては、アパートなどで使う場合は、深夜早朝などは、隣の住人から苦情が出るかも知れないレベルだといわれます。口コミで最も話題になるのがこの騒音問題です。

従来製品よりも音を40パーセント削減した新モデルが海外では発売されていますが、日本では、まだ一般発売されていません。ですが、それらは平行輸入品ならば、手に入れることが可能です。平行輸入品については、説明書が日本語対応していないとか、保障の問題などがあるのですが、楽天の販売店舗の中には、独自のサービスにより、日本語マニュアルを作ったり、独自の保障をつけたりと、しっかりと対応をしている良心的なショップもあります。音が小さいバイタミックスが欲しい方は、平行輸入品という手もあります。(ページ下で、まとめています。)


バイタミックスの最安値・値引き販売の開始


バイタミックスを最も安く買うには、どこで買えばよいかですが、オークションを除けば、どこの店舗で買っても基本的に同じ値段です。正規販売店における契約の問題なのか、バイタミックスに関しては安売りがされていないのです。そこでポイント10倍還元やレシピやグリーンスムージー材料セットなどのおまけがある楽天の店舗で買うのが、最もお得に買う方法となるわけだったのですが、ここにきて実際に値引き販売している店舗が数店舗現れました。バイタミックスを長く販売してきている店舗で、おそらくは販売実績の高い数店舗のみに値引き販売が許可された流れがあるのかと想像します。

それでは楽天の店舗ごとの特典の比較をしてみましょう。価格で値引きが出来ない分、それぞれの店舗独自のおまけをつけているのがバイタミックス販売の現状です。

オークションに関しては、高額商品ですし保障の問題あるので、私はおすすめしません。

■送料について

バイタミックスの送料は、基本的にどこのショップも無料のようです。値段が高いですから「送料は別で頂きます」、ということはないようです。

楽天のポイント10倍店舗


現在の楽天で、ポイント10倍のショップは以下のようになります。
バイタミックスTNC5200 ポイント10倍・送料込み 一覧

検索結果では複数の販売店がヒットしますが、ここからさらに、よりお得な特典のある店舗を厳選して絞り込んでいきます。確認できた範囲では次の3店舗のみ販売価格が他店より一段安いですね。バイタミックスの安売りは今までなかったことなので、最安値で買うなら今が絶好の機会と言えます。おまけを考えずに選ぶならシティネットショッピングが特におすすめです。


■特典が特に豪華な3つの販売店舗

▼ plywood  キッチン・インテリア雑貨】(楽天で見る
税込 69,984 円。専用タンパースタンドTovoloスクープ&スプレット、レシピブック(98頁1200円相当)が貰えます。ポイント10倍、期間限定で最大40倍。7年保障です。非常におすすめです。



▼◆シティネットショッピング】(楽天で見る
税込 69,984 円。ポイント12倍還元です。ほとんどの店舗は最大でもポイント還元率は10倍ですが、ここポイントアッププログラムなしでの12倍です。保障は7年です。おまけよりポイントが欲しいという方におすすめです。



▼【ピカイチ野菜くん】(楽天で見る
税込 69,984 円。スムージー材料セット(小松菜・バナナ・レモン・リンゴ)、天然重曹エコクリーン(試供品)がもらえます、ポイント10倍。7年保障です。おすすめです。







バイタミックスの新機種「Pro500」(日本仕様)


2013年の秋頃、ついにバイタミックスの新機種がついに発売されました。「Pro500」、日本仕様です。バイタミックスのミキサーは、バイタミックスの本社があるアメリカでは多数の機種が発売されていましたが、日本仕様ではTNC5200のみの販売でした。もちろん、平行輸入品で他の機種を手に入れることはできましたが、ページ下でとりあげるように、平行輸入品には問題もありました。しかし今回の新機種の発売は日本仕様です。これで日本仕様のバイタミックスの機種は、TNC5200と、Pro500になります。

■Pro500で変わった点

Pro500は上位機種なので、パワーがあがっているかというと、パワーは同じです。コンテナ容量も同じです。音のうるささも同じです。騒音削減は期待したいところですが、そもそもPro500はアメリカで発売されていた機種を日本仕様にして発売されたものなので、まだ騒音削減はされていないモデルなのです。騒音削減されたモデルは、アメリカの「Pro300」と「Pro750」です。この2機種が騒音削減40%という機種です。(ページ下の平行輸入品の項目で取り上げています。)

ではPro500はTNC5200と何が違うかというと、自動調理ボタンが登載されたことです。回転数を自動調節して自動でストップまで行います。ノーマル、ホット、アイスの3つの自動調理ボタンは、それぞれ、スムージー用、ホットスープ用、アイス用となります。これが、Pro500での新たな機能です。

■値段は10万円越え

Pro500の値段は、楽天ではTNC5200と同様にほとんどの販売店でポイント10倍付けを行っているようですが、送料込みで税込み10万6920円で横並びになっています。税込みで10万円越えということになります。税抜き価格は99,000円なので、ポイント10倍付けなら9900円分の楽天ポイントが貰えます。約1万円分のポイントがつきますね。

■バイタミックスPro500を安く買う

バイタミックスPro500を安く買うなら、楽天ポイントが10倍付けで約1万円分のポイントが貰える楽天の販売店で買うのがお得です。


※arekore by HOTCH POTCH(アレコレ by ホッチポッチ)
東京の自由ヶ丘に店舗がある「ホッチポッチ自由が丘店」のウェブショップです。ポイント10倍、あす楽対応。商品到着後にレビューを書くと「リビングマイクロジュースブック」が貰えます。

楽天でPro500の販売店を全て見る。


■Pro500は2種類が存在する。

Pro500は平行輸入品のアメリカ仕様のものも発売されていますが、今回の発売は日本仕様のPro500です。PRO500には、アメリカ使用の平行輸入品と日本仕様のものが手に入ります。日本仕様のものは、当然、説明書も日本語ですし、日本語版説明DVDが付属し、プラグも日本仕様です。




バイタミックスの平行輸入品


そもそも平行輸入品とは、メーカーが認める日本国内の正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品のことですが、平行輸入品なら、海外で販売されているバイタミックスの機種も手に入れることができます。日本での正規販売機種であるTNC5200やPRO500よりも、値段のかなり安いものも買えますし、騒音が抑えられたニューモデルもあります。しかし、平行輸入品はいくつか注意点があります。

■平行輸入品の注意点

  1. プラグ形状の違い
  2. 故障の際に、日本国内で保障が受けられない
  3. 説明書が日本語対応していない

並行輸入品で、家電製品を買う場合の一般的な注意点は以上の3つになります。どれも、とても重要な問題ですが、1番のプラグに関しては、2P変換コネクタというものがあります。2番に関しては、個人が行っている並行輸入品の場合は、安く買ったはいいが、売りっぱなしにされる事が多く、「代理で輸入はするが、あとは自分でやってくれ」ということな訳です。万が一、故障した時が困ります。そこで、個人の並行輸入品ではなく、会社企業レベルで並行輸入を行っている店舗で、独自の保障サービスがある店舗を探すことになります。

■保障サービスのきちんとした平行輸入品

バイタミックスの平行輸入品を扱うショップでは、私がおすすめするのは、楽天の「SOUND JACK」という店舗です。この店舗は、店舗独自で10年保障をつけています。さらに2P変換コネクタは無料サービス日本語のマニュアルも、「お客さまのご要望にお応えして作成しました」とあります。平行輸入品の3つの注意点をすべてカバーしています。

■「SOUND JACK」(株式会社ACT)の保障とは

「SOUND JACK」では保障について、並行輸入を購入する上での不安に答える、次のような内容になっていました。「通常バイタミックスの商品はメーカー保障が7年間付属しておりますがこちらの商品には保障7年間より、さらに3年長い当店独自の10年保障をお付け致しました。当店では、国内商品よりもお得に購入できるバイタミックスを購入後に故障や修理で困る事がないように、さらには高価なバイタミックスをより長期間安心してご利用していただきたいと思いお付け致しております。」「当店では、売りっぱなしはしません!」「保障期間中は何度でも修理が可能」と書かれています。

日本語マニュアルについては、「輸入商品の為、付属の説明書は英語になりますが、当店が独自に作成したオリジナル日本語説明書をお付けしておりますので、安心してお使いいただけます。」と説明がありました。

■その他の平行輸入品の販売店

「SOUND JACK」以外でバイタミックスの平行輸入品を扱う楽天店舗はいくつかありましたが、保障内容が「SOUND JACK」ほどではないにしてもちゃんとしていると感じられたのが、「ruru-Shop(ルルショップ)」です。変換アダプターは当店よりサービスでお付けしますとのことです。また、「直輸入とのことですが、壊れたらどうしたらいいでしょうか。」という質問に対しては、1年間は当店による保証が付いていますので、お送り頂けましたらご対応致します。返品先は国内ですのでご安心下さい。」とありました。そして、説明書やレシピに関しては、「当店オリジナル日本語説明書はお付けしておりますが、レシピの日本語版は入っておりません。」とのことです。

■販売店の閉店による長期保障リスク

現在では、「SOUND JACK」はサービスを終了したと表示されており、平たく言えば閉店したようです。連絡先などの表記はありますが、そういった事態を考えると、店舗独自の長期保障については信頼性にかかわる問題ですし、その点においては、正規販売品がやはりいいかなという結論になります。


並行輸入で買えるバイタミックス5つの機種


並行輸入品のバイタミックスは5機種あります。

1.バイタミックス CIA プロフェッショナル
日本の正規販売品であるTNC5200と性能は同じです。4色のカラー(Brushed Stainless、Onyx、Platinum、Ruby)から選ぶことができます。色のバリエーションが豊富であることからも分かるように、アメリカで最もスタンダードな機種のようです。現時点で13000円近く、TNC5200よりも安いです。
楽天で一覧表示。

2.バイタミックス ターボブレンド 2スピード
スピード切り替えスイッチはありますが、パワー連続調整ダイヤルはついていないシンプルなモデルです。ですが、ハイパワー時のパワーはTNC5200やCIAプロフェッショナルと同じです。(同じモーター、コンテナ、ブレードが使われています。)シンプルな分、値段が抑えられているモデルでもあるため、ページ作成時で、TNC5200よりも24000円ほど安いです。
楽天で一覧表示。

3.バイタミックス プロフェッショナル シリーズ300
2012年発売のニューモデルです。従来のTNC5200やCIAと同様のパワーを持ちつつ40%の音の削減に成功しています。コンテナも従来と同じ2リットルの容量ながら、高さが約6cm低くなっています。TNC5200と比べて「価格は同程度」で、価格面でのメリットはないですが、騒音の削減やコンテナの高さを抑えた点など、魅力的な機種です。色は2色(Black、Ruby)から選べます。カラーバリエーションが2色用意されていることから、CIAプロフェッショナルと同様に人気がある機種のようです。
楽天で一覧表示。

4.バイタミックス プロフェッショナル シリーズ 500
上位機種のため、価格はTNC5200よりも「高く」なります。「スムージー」「フローズンデザート」「ホットスープ」の3つのモードもあり、パルススイッチもあるハイグレードモデルです。パワーはTNC5200やCIAプロフェッショナルと同じです。
楽天で一覧表示。

5.バイタミックス プロフェッショナル シリーズ 750
上位機種のため、価格はTNC5200よりも「かなり高く」なります。スムージー、フローズンデザート、ホットスープ、ピューレ、ウォッシュの5つの専用スイッチを搭載し、パルススイッチもあります。従来のTNC5200やCIAと同様のパワーを持ちつつ、40%の音の削減に成功したニューモデルです。コンテナも従来と同じ2リットルの容量ながら、高さが約6cm低くなっています。
楽天で一覧表示。



■魅力的なバイタミックスの並行輸入機種

バイタミックスプロフェッショナルシリーズ300」は、バイタミックスの最大の問題点である音のうるささが、従来機種よりも40パーセントも削減されているというのは、かなり魅力的です。コンテナ容量を変えずに高さを抑えているので、デザイン的にもずんぐりとしてかわいらくしなったような印象です。


■平行輸入品はお買い得か?

為替レートの変動によって、販売価格も変動しているのかもしれませんが、並行輸入品の機種によっては、日本の正規販売機種であるTNC5200よりも安く手に入るのは確かです。とにかく安くバイタミックスを買いたいという人にとっては魅力的ですし、少しでも音のうるさくない新機種が欲しいという方にとっても選ぶ選択肢が増えます。ただ、2P変換コネクタを使わなければならないのも確かです。国内正規販売品のTNC5200にするか、並行輸入品にするか、悩ましいところでしょうか。店舗独自の長期保障については、そのお店が閉店した後の問題があるので、その点についてはあまり期待しないほうが無難かもしれません。


バイタミックスはやっぱり高すぎる?


バイタミックスは、特典やポイント還元がある楽天店舗で買うにしても、平行輸入品を狙うにしても、それなりの値段がします。グリーンスムージー作りをしたことがない人が、最初の1台として選ぶグリーンスムージーミキサーとしては、やはり敷居が高いのは間違いないでしょう。いきなりバイタミックスのミキサーを買う人もいるでしょうけれど、まずは他のミキサーをという人も多いようです。そこで、バイタミックスは高くて手が出ないけれど、グリーンスムージーのクオリティにもこだわりたいという人に人気のグリーンスムージーミキサーと言えば、このページでもバイタミックスのミキサーとの比較に登場したビタントニオのミキサーです。

ビタントニオのミキサーは、かなり評判がよく、人気のミキサーです。そして、定価が15,750円のようですが、アマゾンでは、1万円以下で売られていることが多いです。 在庫状況や売れ行き状況で、値段がたまに上がったりと、変動しているようですが、たいてい1万円以下でアマゾンで売られているようです。パワーは450wですから、国内メーカーのミキサーなどと比べると、格段にハイパワーです。バイタミックスのミキサーが高価格帯のハイパワーミキサーなら、ビタントニオは低価格帯のハイパワーミキサーです。デザイン性も高く、「いつかバイタミックスを買いたいけれど、今は他の機種で我慢する」という人におすすめのグリーンスムージーミキサーをあげるなら、ビタントニオのミキサーです。



パワー450w。
ボトル(コンテナ)容量1リットル。

スムージーだけでなく、スープやパスタソース、ドレッシング作りなどの料理にも使えます。スイッチをひねっている間だけ回転する、パルス機能付き。ロータリースイッチを採用。2段階のスピード調節が可能です。
スポンサードリンク

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM